• ホーム
  • 業界動向
  • 前澤友作氏と月へ行くクルー8人を募集! 本日から世界中でエントリー受付開始

前澤友作氏と月へ行くクルー8人を募集! 本日から世界中でエントリー受付開始

時事ネタ

2021/03/03 19:30

 スタートトゥデイ代表取締役社長の前澤友作氏は3月3日、米スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(SpaceX)が開発を進めている超大型ロケット「Starship」に乗って、民間人初となる月周回を計画している宇宙プロジェクト「dearMoon」の同乗者を、世界中から8人を募集すると発表した。

8人が前澤友作氏とともに宇宙へ

 dearMoonプロジェクトは、SpaceXが2023年の打ち上げを予定している「Starship」による民間人初の月周回計画の全席の権利を、前澤氏が2018年に取得したことから始動している。

 今回の月への同乗クルー公募は、前澤氏の「宇宙へ行くチャンスをより多くの、より多様な人に開きたい」という願いから決定したもので、プロジェクトの公式サイト内にあるエントリーページに必要項目を記入して、事前登録した人全員に、後日メールにて選考の案内を行う。

 なお、事前登録を行った人には、写真入りのエントリー証明書を発行する。
 
エントリー証明書のイメージ

 応募条件は、「宇宙に行くという経験を活かし、社会や人の役に立つための自身の活動を、圧倒的に伸ばし加速させることができる」「同じ船に乗る仲間の活動を、自身の活動とあわせて全力で応援し協力できる」の2点。事前登録を3月14日23時59分まで受け付け、書類選考を3月21日23時59分までに実施する(どちらも日本時間)。

 書類選考を突破した応募者の中から、課題選考、オンライン面談、最終面談とメディカルチェック(5月下旬までに行われる予定)を経て、同乗者8人が決まる。

オススメの記事