• ホーム
  • 業界動向
  • JR東日本、PayPay最大100%還元対象の「エキピックロッカー」実証実験

JR東日本、PayPay最大100%還元対象の「エキピックロッカー」実証実験

 ジェイアール東日本都市開発は、PayPayパナソニック産機システムズとともに、「EKIPICK LOCKER(エキピックロッカー)」実現に向けた実証実験の第2弾を、JR中央線・阿佐ヶ谷駅直結のビーンズ阿佐ヶ谷で2月19日~3月14日の期間に実施する。

ビーンズ阿佐ヶ谷で行われる「EKIPICK LOCKER」実証実験の概要

 EKIPICK LOCKERは、「PayPayアプリ」で事前注文した商品を、受け取り専用ロッカーを介して非対面で受け取れる。実証実験は、アプリから事前注文した商品を専用ロッカーを通じて店舗の営業時間外でも受け取り可能にするもので、同期間中にPayPayが実施している「PayPayピックアップで当たる!ペイペイジャンボ」キャンペーンおよび「超PayPay祭 最大1,000円相当 20%戻ってくるキャンペーン」の対象に含まれる。

 商品を受け取れる時間は夕刻~夜間に限定しており、24時まで受け取ることができる。
 
「EKIPICK LOCKER」受け取り専用ロッカーの利用方法
 
受け取り専用ロッカーのイメージ

 対象店舗は、ビーンズ阿佐ヶ谷内の焼き鳥「日本一」で、販売商品は焼き鳥15種、セット2種、惣菜3種の計20商品(一部、特別価格商品あり)。注文受付時間は16時~19時30分となる。

オススメの記事