• ホーム
  • 業界動向
  • バンダイナムコの次世代型屋内アスレチック施設、愛媛県のエミフル MASAKIに今夏オープン

バンダイナムコの次世代型屋内アスレチック施設、愛媛県のエミフル MASAKIに今夏オープン

販売戦略

2021/02/16 17:00

 バンダイナムコアミューズメントは2021年夏、次世代型屋内アスレチック施設「SPACE ATHLETIC “TONDEMI EHIME”」をエミフル MASAKI(愛媛県伊予郡松前町)にオープンする。

SPACE ATHLETIC “TONDEMI EHIME”

 「TONDEMI(トンデミ)」は、トランポリンエリア、大人から子どもまで気軽に楽しめるクライミングウォールエリア、ロープウォークエリアなど、世界中から集めたアクティビティを体験できる次世代型アスレチック施設。17年4月に「TONDEMI幕張新都心店」(千葉県千葉市美浜区)、18年7月に「TONDEMI平和島店」(東京都大田区)、19年4月に「TONDEMI桑名店」(三重県桑名市)、20年6月に「TONDEMI横須賀店」(神奈川県横須賀市)がオープンしている。

 SPACE ATHLETIC “TONDEMI EHIME”は、四国地方最大級の商業施設であるエミフル MASAKIにオープンし、子どもから大人まで楽しみながら運動できる「“もっと”あそびがきみをつよくする」をテーマに掲げた次世代型屋内アスレチック施設。

 近年人気のスポーツとして注目を集めるトランポリンやクライミングウォールといった「トンデミ」定番のアクティビティをはじめ、さまざまなスポーツを楽しく気軽に体験可能なアクティビティを導入する。

オススメの記事