バンダイナムコアミューズメントは、アーケードゲーム「ワニワニパニックR」の稼働を開始した。穴から顔を出すワニをハンマーでたたいて特典を競うゲーム。1989年の登場以来、シンプルで熱中するゲーム性が、大人から子供まで広く人気を集め続けていた。

6月16日に稼働を開始した「ワニワニパニックR」

 31年の時を経て、当時の外見をそのままに帰ってきたワニワニパニックR。点数表は、液晶モニターになり、演出が豪華になっている。また、2人で遊べるダブルハンマーを搭載した。
 
得点表示パネルには32インチの液晶モニターを採用している

 初代のワニワニパニックの開発者である石川祝男氏(バンダイナムコホールディングス前会長)は、「30年以上前に開発した機種がほぼ同じ仕様で発表され、感無量。本当に嬉しい」とコメント。遊べる店の一覧は準備中としている。