Go To Eat東京の期間延長、再開日は「未定」に

販売戦略

2021/02/01 18:00

 Go To Eat Tokyo食事券発行共同事業体は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、政府の方針を受けて「Go To EatキャンペーンTokyo」(Go To Eat東京)の実施期間を延長すると発表した。

期間が延長されるGo To Eatキャンペーン東京

 当初、同キャンペーンの食事券の販売期間・引換期限は1月31日までとしていた。しかし、1月7日に発令された緊急事態宣言と東京都からの要請を受け、同日から販売・引き換えを中止。2月8日を再開日と予定していたが、販売終了日をまたぐことから、有効期限を変更する可能性があるとしていた。

 今回の変更で、食事券(アナログ・デジタル)販売期間については販売再開日から2カ月延長する。また、3月末までだった利用期間も6月末まで有効になった。ただ、販売再開日は未定としている。アナログ食事券の引換券の申込受付期間・有効期間は販売再開日が決定次第、改めて知らせるとしている。

 すでに電子引換券・引換券(はがき)を持っている場合は再開後も購入が可能となるため、大切に保管するよう呼び掛けている。紛失・廃棄などによる再発行はできないので気をつけたい。なお、新型コロナの感染拡大状況により、さらに予定が変更になる可能性もあるという。

オススメの記事