Appify Technologiesは10月12日、East Venturesやグリーベンチャーズ、エンジェル投資家らを引受先とする第三者割当増資とJ-KISS型新株予約権方式により、シードラウンドで総額約2億円の資金調達を実施したことを発表した。


 Appify Technologiesは、月額1万円未満のサブスクリプション型でアプリを簡単にノーコードで作成できる「Appify(アッピファイ)」を提供しているスタートアップ企業。コロナ禍で需要が拡大するBASEや日本での導入が加速しているShopify、サブスクリプション型モデルで支援を募ることができるCAMPFIRE Communityといったプラットフォームと連携し、様々なネイティブアプリの作成を可能としている
 
BASEやShopify、CAMPFIRE Communityなどと連携している

 コロナをきっかけに、BASEやShopifyのようなネット販売の重要性が改めて認識され始めている。個人ECはアプリ化することでより顧客との接点をもちやすくなるが、これまではどうしても専門的な知識を必要としていた。

 そこで、コードを知らなくても誰でも簡単に個人ECをアプリ化することができるAppifyのサービスを通じて、「多くの人がスーパーパワーをもつきっかけ」をつくりたい考え。

 同社では、今回の資金調達を機に、海外も含めたAppifyのさらなるプラットフォーム連携拡大・開発と、エンジニアを中心とした人材の採用を進めていく方針。