• ホーム
  • トレンド
  • 国内初のオーディオロジーを体系的に学ぶ講座、オーティコンが開講

国内初のオーディオロジーを体系的に学ぶ講座、オーティコンが開講

時事ネタ

2020/10/07 16:00

 オーティコン補聴器は、オーディオロジー(聴覚学)を体系的に学べる国内初の講座「オーティコン・アカデミー」を聴覚分野の専門家や学生向けに11月10日に設立・開講する。受講の申込受付は、10月12日に開始する。

オーディオロジー(聴覚学)を体系的に学べるオンライン講座

 オーティコン・アカデミーは、日本において高齢化や若年層のヘッドホン難聴の増加など、聴覚ケアの重要性や補聴器装用による難聴ケアが必要な人が増える一方で、補聴器装用率が低い状況が続いており、他国と比較して補聴器装用者の満足度が極めて低いことを受け、その原因の一つが聴覚ケアに特化した教育プログラムへのアクセスが限られていることであるとの考えから設立に至った。

 同アカデミーは、オーディオロジー(聴覚学)を体系的に学べ、実務に生かせる実践的な内容で、日本初となる聴覚リハビリテーションのカウンセリング専門研究機関のイーダ研究所のコースを導入する。聴覚の総合プロバイダーである、デマントグループの知見を活用した専門的な内容で、インターネット経由のオンライン講座なので、全国どこからでも24時間、受講者の都合にあわせて受講できる。

 税別の受講料は、基礎編+イーダ研究所編が3万円(2020年内の申し込みは特別価格の2万5000円)、イーダ研究所編のみが税別5000円。なお、応用編の開講は2021年を予定しており、受講が別料金となる。

オススメの記事