イオンリテールは、本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」約340店舗で、ライフスタイルや使用場面に合わせて選べるマスクと関連商品の集合売場「マスクショップ」を常設ショップとして9月中旬から本格展開する。

マスクショップ

 感染症予防としてマスク着用が常態化し、不織布マスクだけでなく、着用による息苦しさや蒸れを解消するもの、ファッションとして楽しめるもの、スポーツ時に着用できるものなど、マスク市場は拡大し続けている。こうした中、イオンでは7月下旬から展開を開始した、生活シーンに合わせて楽しくマスクを選べるマスクショップ(最大175平米)を常設ショップ化することになった。

 マスクショップでは、通気性の良さや接触冷感といった「素材や機能」、ファッションの一部として楽しめるよう「色・柄・形状」にこだわりのあるマスク、スポーツ時に着用しても息苦しくなりにくい「使用場面(用途)に合わせた」マスクなど、子ども用から大人用まで最大約400種類をそろえる。

 また、「耳ひもが痛い」という悩みを解消する「マスクベルト」、アクセントをつける「チャーム」のほか、「マスクケース」「ストラップ」など、快適で楽しいマスクライフを実現するアイテムも最大約80種類を集合展開する。

 手づくり需要にも対応し、「マスクキット」や色付きのマスク用「カラーゴム」など、手づくりキットや個性を生かせるアレンジグッズも最大約30種類を集合展開する。

 さらに、イオンの総合力を生かし、プライベートブランド「トップバリュ」の「極さら マスク」やイオンのカジュアルファッション専門店「コックス」の「さらマスク」など、マスク悩みを解消してマスクライフも楽しめる、イオンのこだわり商品も展開している。