スターバックスコーヒージャパンは9月16日、新型コロナウイルスの影響で休止していた来店客が持参したタンブラーなど飲料容器へのドリンク提供を再開する。

9月16日から再開するタンブラーでのドリンク提供

 再開にあたり、次の2点の感染予防対策を講じる。(1)タンブラーなどの飲料容器は店舗で洗浄できないため、事前に顧客自身で洗浄・除菌を行う、(2)持参するタンブラーは店員が受け取った後、表面をアルコール消毒する。材質や表面加工によりアルコール消毒による商品の破損などの責任は負えない、となる。

 使い捨ての紙カップではなく、繰り返し使えるタンブラーによるドリンク提供は環境負荷の低減につながる。