日立グローバルライフソリューションズ(日立GLS)は、複数の家事代行事業者を集め、一つのプラットフォーム上で幅広い選択肢からユーザーの希望に合うスタッフをマッチングするサービスの実証実験を、9月9日から3カ月間実施している。ユーザーとして、東京23区と横浜市に居住する同社社員が参加する。

新サービスの概念図

 家事代行マッチングサービスは、同社独自のアルゴリズムを実装した自動マッチング機能により、ユーザーの多様なニーズに対応しつつ、エリアの集約化や移動の効率化などによって、スタッフの1日のサービス対応件数を増やすことができる。これによって、家事代行事業者の課題であるスタッフ不足の解決を目指している。

 今回の実証実験は、新常態(ニューノーマル)でのユーザーや家事代行事業者のニーズへの対応状況や、システムのユーザビリティ向上を目的として実施するもの。また、事業化に向けて、マッチングアルゴリズムの開発用データの収集も行う。

 新型コロナウイルスの脅威が続く中、新常態(ニューノーマル)で浮上する生活課題の一つとして、在宅勤務の継続による家事負担の増加が想定される。その負担軽減のために、新たに家事代行サービスを利用するユーザーが増えることが考えられる。一方、居室内でサービスを提供するスタッフに対して、マナーやサービスの品質に不安感をもつユーザーもいるという。

 家事代行マッチングサービスでは、スマートフォンやタブレット端末で手軽にサービスの依頼ができることに加え、さまざまな家事代行事業者のスタッフの人柄やユーザーからの評価、口コミを見える化することでユーザーの希望にあったスタッフとマッチングし、サービスを受けられるスキームを構築する。これによって、ユーザーの不安を軽減し、新たに利用するユーザーを増加させることで、家事代行市場の拡大を図る。