ソニーネットワークコミュニケーションズが運営するスマートホームサービス「MANOMA(マノマ)」は、生活支援サービス事業者による玄関鍵の施錠管理機能「MANOMA Entrance(マノマ・エントランス)」の提供を3月1日から開始する。

生活空間の新たな体験価値提供を目指す「MANOMA」

 「MANOMA」はセキュリティ、オートメーション、ニューライフスタイルの3つの要素で構成。クラウドベースのAI音声サービス「Amazon Alexa」を搭載したAIホームゲートウェイ、室内コミュニケーションカメラ、開閉センサー、「Qrio Lock」などと専用の「MANOMAアプリ」を組み合わせ、外出先から自宅の見守りや、部屋に入ると自動的にBGMを流すなど、多様なサービスを利用できる。
 
「MANOMA Entrance」の仕組み

 今回、「MANOMA Entrance」を追加。第1弾として、ダスキン(家事代行サービス「メリーメイド」)、ベアーズ(家事代行サービス「ベアーズ」)、HITOWAライフパートナー(ハウスクリーニングサービス「おそうじ本舗」)、ホスピタリティー&パートナーズ(ペットシッターサービス「麻布PET」)の4社と連携し、事前に予約した日時に各サービス提供スタッフが利用者宅前に到着した際、適切なスタッフであることを認証したうえで、玄関鍵を解錠/施錠する。
 
第1弾として「メリーメイド」「ベアーズ」「おそうじ本舗」「麻布PET」の4サービスと連携

 従来、不在時に家事代行、ハウスクリーニング、ペットシッターといった生活支援サービスを利用するには、事前に鍵を預けたり、サービス提供スタッフが到着した際に利用者が遠隔操作で玄関鍵を解/施錠する必要があったが、「MANOMA Entrance」を利用すれば、鍵を第三者に預ける不安や、遠隔操作などの手間から解放され、安心して生活支援サービスを利用できる。

 利用にあたっては、すでに「MANOMA」の利用を開始しており、「Qrio Lock Q-SL2」と「Qrio Hub」を持っていて「MANOMAアプリ」へ登録していること、「Qrio Lock」を2つ以上の扉に設置していないこと(1つの扉に2つの鍵がある二重ロックの場合は対象に含む)が条件となる。

 「MANOMA Entrance」の提供開始にあわせ、連携する4社は、サービス利用料の割引など、各種キャンペーンを実施する。また、連携事業者は、順次拡大していく予定。