スマートフォン決済サービス「PayPay」は、総務省が実施している「マイナポイント事業」において、PayPayへの登録者数が9月5日時点で100万件を突破したと発表した。7月1日から申し込み登録受付を開始していた。

マイナポイント事業でPayPayを登録した件数が100万件を突破した

 マイナポイント事業は、マイナンバーカードとキャッシュレス決済の普及促進に向けた取り組み。マイナンバーカードを取得して所定の手続きを済ませた国民に対し、連携したキャッシュレス決済サービスで利用可能なポイントなどを付与する。選べるサービスは一つのみ。9月1日にスタートした。

 PayPayを選択した場合は、チャージした金額、もしくはPayPayで支払った金額の25%分がPayPayボーナスで付与される。上限は5000円相当/期間。8月31日までは、マイナポイントにPayPayを登録すると、抽選で1等100万円相当が当たる「マイナポイントペイペイジャンボ」も実施していた。

 また、PayPayが地方自治体と一緒に取り組む「あなたのまちを応援プロジェクト」では、「マイナポイント事業」と関連付けたキャンペーンを実施している自治体もある。ペイペイジャンボに間に合わないとしても、まだお得なチャンスはあるので、検討するのもアリだろう。