事前のマイナポイント予約・申込期間を経て、総務省の「マイナポイント事業」によるキャッシュレス還元がスタートした。本日9月1日以降、マイナポイント申込時に選択したキャッシュレス決済サービスを利用またはチャージすると、5000円相当を上限に利用・チャージ額の25%が還元される。還元対象期間は2020年9月1日~21年3月31日。

マイナポイント申込後に選んだキャッシュレス決済サービスを利用すると、
1人につき上限5000円戻ってくる

 マイナポイントは、マイナンバーカードが手元にあり、マイナンバーカード受取時に設定した数字4桁(利用者電子証明書の暗証番号)が分かれば誰でも申し込めるので、1人5000円相当、家族4人なら最大合計2万円相当が戻ってくる。マイナンバー確認書類として使えるマイナンバーカードは、証券口座開設や金融商品の購入には不可欠なので、面倒がらずにマイナンバーカードの交付申請を行い、時間を作って自治体指定の窓口に受け取りに行こう。
 
マイナンバーカードは「デジタル社会のパスポート」の位置づけ

 なお、一部の自治体はスマートフォン(スマホ)決済サービスのPayPay/au PAY/d払いをマイナポイントに選び、その自治体の対象店舗で利用すると、通常より付与するポイントを増やすマイナポイント連携キャンペーンを実施する。マイナンバーカードの普及、キャッシュレス決済の普及に加え、マイナポイント事業は、既にマイナンバーカードを保有しているが、携帯電話や固定電話しか使っていない高齢者のスマホデビューのきっかけとしての狙いもありそうだ。(BCN・嵯峨野 芙美)