NTTドコモは、スマートフォン(スマホ)決済サービス「d払い」が9月1日から、業務提携するメルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」が使える店舗に設置してあるQRコードを読み取って支払い可能になったと発表した。

d払いのロゴシールや、「メルペイ」「d払い」の2つのアイコンが並んだ台紙が目印

 利用にあたって、d払いアプリの最新版へのアップデートが必要。また、d払い加盟店には、8月21日からヤマダ電機グループ、9月1日から北関東を中心に出店するスーパーのベイシア(一部店舗除く)、ダスキンのドーナツ・飲茶の専門店「ミスタードーナツ」が加わった。さらに9月10日からは順次、イトーヨーカ堂の「イトーヨーカドー」、ヨークの食品スーパー「ヨークマート」「ヨークフーズ」「ヨークプライス」「コンフォートマーケット」で利用が可能になる予定。
 
新たに加わったd払いが使える街のお店(2020年9月1日時点)

 6月11日からメルカリは、dポイント加盟店・dカード特約店となった。6月15日以降、ドコモとメルカリはさまざまな連携キャンペーンや相互送客を促すキャンペーンを実施してきた。9月も引き続き、継続する。さらに、d払いとメルペイ、二つのスマホ決済サービスの読み取りコードの共通化によって、加盟店の新規開拓・拡大につながりそうだ。(BCN・嵯峨野 芙美)