• ホーム
  • 業界動向
  • 大手銀行が「通帳レス」移行に本腰 お得な切り替えキャンペーンも

大手銀行が「通帳レス」移行に本腰 お得な切り替えキャンペーンも

トレンド

2020/08/27 19:35

 三井住友銀行は、紙の通帳から「Web通帳」に切り替えると、抽選で5万人に現金2000円をプレゼントする「SMBC Web通帳切替キャンペーン」を8月31日まで実施している。

期間限定Web通帳切替キャンペーンは締切目前

 また、りそな銀行は、「りそなグループアプリスタートプラン」として、キャンペーン期間中に無通帳(インターネット通帳「TIMO」)に切り替え、りそな銀行・埼玉りそな銀行などの複数の口座を一元管理できるアプリ「りそなグループアプリ」をセットアップすると、他の好きなポイントに交換可能な「りそなクラブ」のクラブポイント500ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施している。好評につき再開したもので、期間は9月30日までだが、10月以降も同内容で実施する可能性がある。
 
該当者にもれなく500ポイントをプレゼントする

 みずほ銀行は、21年1月18日から、通帳レスの「みずほ e-口座」サービスを開始すると発表済み。新規口座開設者には通帳は発行せず、代わりに、最大10年間分の取引明細をオンラインで確認できる「みずほダイレクト通帳」を提供する。サービス開始とともに、1万人に1000円が当たるキャンペーンなどを実施する予定。応募の詳細などは12月頃に、みずほ銀行ウェブサイトで告知するとしている。

 実店舗をもたないインターネット銀行、実店舗があってもコンサルティング業務を中心としている銀行は、通帳を発行しない「通帳レス」が一般的。同様の通帳レスが都市銀行や大手地方銀行にも広がりつつある。通帳を発行している銀行で新規口座を開設する際は、まずは通帳を発行し、実際に使ってみて通帳は不要と判断したら、切替キャンペーン開催時に切り替えると得するだろう。(BCN・嵯峨野 芙美)

【お詫びと訂正】初出時の抽選人数に誤りがありましたのでお詫びして訂正します。

オススメの記事