• ホーム
  • 業界動向
  • 横浜銀行の「はまPay」がApple Payに対応、iD加盟店で利用可能に

横浜銀行の「はまPay」がApple Payに対応、iD加盟店で利用可能に

経営戦略

2020/08/24 17:30

 コンコルディア・フィナンシャルグループの横浜銀行は、スマートフォン決済サービス「はまPay」が8月20日からApple Payに対応すると発表した。Apple Payに登録すると、全国のiD加盟店で、「iDで支払う」と伝え、対応端末をかざすだけで決済できる。

はまPay

 Apple Payは、iPhone/iPad/AppleWatchで使えるウォレットサービス。iPhoneの場合、iPhone7以降から利用できる。

 横浜銀行の新サービスは、銀行口座と紐づいた前払い式のプリペイドカードをiPhoneまたはAppleWatchで発行する国内初の取り組みで、三井住友カードとの事業提携を通じて実現した。プリペイドカードへのチャージは、はまPayアプリから行う。

 利用特典として、支払金額の0.25%をチャージ残高にキャッシュバックする。さらに特典として、横浜銀行が運営する地元施設・飲食店などの優待サービス「ハマトク」を利用できる。iD決済は、リアル店舗のほか、発行されるプリペイドカード番号を入力すると、VisaのEC加盟店でも利用可能。利用対象は13歳以上。
 
はまPayタッチ決済登録者・横浜バンクカード契約者限定特典「ハマトク」

 横浜銀行は地方銀行だが、神奈川県内に多くの店舗・ATMを抱える。東京都内にも支店があり、都内勤務者なら勤務先最寄りの支店で口座を開設できる。iOS版と同様のiD決済は、Android版はまPayアプリからも登録可能で、新サービスの追加で「タッチ決済(iD決済)」「コード決済」「振込票決済(請求書払い)」を一つのアプリで利用できるようになった(タッチ決済は初期登録後はアプリの立ち上げ不要)。同日8月20日から、はまPayは、9月1日利用分から最大25%還元される「マイナポイント」に登録可能になった。

オススメの記事