MMD研究所は、「2020年7月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」で利用率が高かったQRコード決済サービスの上位6サービスのメイン利用者18~69歳の男女600人を対象に、6月26日から6月29日の期間で「2020年7月スマートフォン(スマホ)決済(QRコード)の満足度調査」を実施し、7月29日に調査結果を発表した。


 現在メインで利用しているQRコード決済サービスを知ったきっかけを聞いたところ、「公式サイト」が18.7%、次いで「テレビCM」と「関連アプリ上での案内」が13.2%、「企業からの配信メール」が12.5%という結果になった。
 

 これをサービス別(各n=100)に上位5位までの項目を抜き出してみると、PayPayのトップが「テレビCM」、楽天ペイ、d払い、au PAYが「公式サイト」、LINE Pay、メルペイが「関連アプリ上での案内」となった。
 

 メインで利用しているQRコード決済サービスを使い始めた理由を聞いたところ(複数回答可)、「ポイントがたくさん貯まるから」が45.0%、次いで「キャンペーンを知って興味を持ったから」が36.8%、「普段使っているサービスとポイントが連動しているから」が22.5%となった。
 

 これをサービス別(各n=100)に上位5位までの項目を抜き出してみると、PayPay、メルペイのトップが「キャンペーンを知って興味を持ったから」、楽天ペイ、d払い、au PAY、LINE Payが「ポイントがたくさん貯まるから」という結果になった。
 

 QRコード決済サービスの利用率上位6サービスをメイン利用している各サービス利用者(各n=100)に、そのサービスの利用頻度を聞いたところ、「1週間に1回以上利用する」という回答は各サービス別で、「au PAY」が75.0%、「d払い」が70.0%、「楽天ペイ」と「LINE Pay」が68.0%、「PayPay」が65.0%、「メルペイ」が53.0%となった。
 

 メインで利用しているQRコード決済サービスの満足度を「お得部門」「デザイン部門」「実用部門」「信頼部門」の4部門でそれぞれ聞くと、お得部門が「au PAY」、デザイン部門が「メルペイ」、実用部門が「PayPay」、信頼部門は「au PAY」がそれぞれ部門トップとなり、総合満足度は「PayPay」がトップとなった。
 

 メインで利用しているQRコード決済サービスを家族や友人におすすめしたいかどうか10点満点の点数をつけてもらい、NPS(ネット・プロモーター・スコア/顧客推奨度)を出したところ、9点から10点をつけた推奨者が13.8%、7点から8点をつけた中立者が48.5%、0点から6点をつけた批判者が37.7%となり、推奨者から批判者を引いたNPSはマイナス23.8となった。サービス別のNPSは、「PayPay」と「楽天ペイ」がマイナス19.0で最も高い結果となった。