• ホーム
  • 業界動向
  • 同人誌即売会「ComicVket 1」、VR空間「バーチャル秋葉原」で開催

同人誌即売会「ComicVket 1」、VR空間「バーチャル秋葉原」で開催

販売戦略

2020/07/30 09:00

 HIKKYは8月13~16日の期間、VR空間上で同人誌即売会「ComicVket 1(コミックブイケット ワン)」を開催する。

「ComicVket 1」メインビジュアル

 ComicVket 1は、VR空間上の同人誌即売会で、各ブースを巡りながら同人誌を買ったり、参加者同士で交流したりできる。VR機器やスマートフォン、PCからの来場が可能で、同人誌は「電子書籍のダウンロード販売」または「紙の本の通販」で、各ブースで見本誌を見て、気に入ったら各販売サイトへ飛んで購入できる仕組みを採用している。

 現実の同人誌即売会と同様に、ブースに立って接客したり、ボイスチャットを通じて参加者同士で交流したりすることも可能で、会場内に写真を撮るスポットも用意されており、記念撮影を楽しめる。
 
「ComicVket 1」の会場となるバーチャル秋葉原(制作中)

 ComicVket 1の舞台となるのは、秋葉原の街を再現したバーチャル秋葉原で、ゼンリンの3D都市モデルデータを元に、秋葉原の街並みを制作した。

 バーチャル秋葉原では、実際に秋葉原に存在する60の飲食店や家電量販店などが軒を連ね、お店の紹介やショッピングクーポンを配るサービスなどを実施する。

 ComicVket 1の開催日程は8月13日11時~16日23時。「VRChat」「cluster」「STYLY」いずれかのVRプラットフォームを通じて参加できる。

オススメの記事