eスポーツを介護に活用へ、全国初の官民連携した実証実験

 兵庫県神戸市と、NTT西日本、PACkageは、全国初の試みとして官民連携したeスポーツに関する実証実験に向け、「withコロナ時代におけるeスポーツによる地域課題解決に向けた連携協定」を結んだ。

神戸市とNTT西日本、PACkageが連携してコロナ禍におけるeスポーツの可能性を探る

 現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止を前提とした生活・経済活動をせざるを得ない「withコロナ時代」に突入している。人が直接集まるイベントや地域の交流の実施は難しい状況だ。こうした中、オンラインで実施できるeスポーツが、新たなコミュニケーションやビジネス手法になり得るのかを探るため、実証実験を行うとしている。

 同協定では、具体的に四つの取り組みを展開する。一つは、eスポーツへの理解促進や、今後の可能性を考えるウェブセミナーなどを実施する。もう一つは、高齢者や子ども向けのeスポーツを活用した実証実験。三つ目は、eスポーツコミュニティの醸成・関連イベントとの連携。四つ目が、eスポーツの魅力や可能性を伝える動画による発信だ。

 中でも、高齢者向けに実施する実証実験については、コロナ禍で家族との面会機会が減少していたり、地域・コミュニティ活動が減少していたりする状況の改善を目指す。

 例えば、介護レクリエーションで「囲碁」や「将棋」、「ぷよぷよ」などのゲームを活用する想定。eスポーツを通じて、家族とのオンラインコミュニケーションの充実も図る。また、eスポーツ体験時の操作ログやバイタルデータを収集することで、健康増進への可能性も検証する。収集したデータを活用したオンライン環境下での健康相談も実施する予定だという。

 今回の取り組みに、「eスポーツアリーナ三宮」をeスポーツイベントなどの会場として提供する上新電機の金谷隆平代表取締役兼社長執行役員は、「コロナ禍の課題を解決するための柔軟な発想に感銘を受けた。当社も現在は、ゲームがオンラインで完結できる強みを生かし、オンラインのeスポーツ大会を中心に活動している。こうした活動を通じて、神戸市内のeスポーツコミュニティの醸成やイベント集客による観光振興につなげていきたい」と語った。(BCN・南雲 亮平)

オススメの記事