東京ディズニーリゾートは7月10日、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで今後中止するイベントやプログラムの内容を発表した。両パークは、7月1日から再開している。


 東京ディズニーランドで中止するイベントやプログラムは、ディズニー・ハロウィーン(2020年9月11日~11月1日)、ディズニー・クリスマス(20年11月10日~12月25日)、お正月のプログラム(21年1月1~5日)、美女と野獣のプログラム(21年1月13日~2月14日)。

 東京ディズニーシーで中止するイベント・プログラムは、ディズニー・イースター(20年3月27日~6月12日)、クッキー・アンのグリーティングドライブ(20年3月27日~5月31日)、ダッフィー&フレンズのサニーファン(20年6月4日~8月26日)、ディズニー・パイレーツ・サマー(20年7月1日~9月2日)、ディズニー・ハロウィーン(20年9月11日~11月1日)、ディズニー・クリスマス(20年11月10日~12月25日)、お正月のプログラム(21年1月1日~5日)、ダッフィー&フレンズの新規プログラム(21年1月13日~3月25日)。

 なお両パークの「ニューイヤーズ・イヴ」は実施しない。

 また、4月15日に開業予定だった東京ディズニーランド大規模開発エリアは延期。開業日は、両パークの再開後の状況を見て決定する。

 開業後に行われる予定だったイベント「ハッピーフェア・ウィズ・ベイマックス(20年6月4日~11月1日)」も延期する。具体的な実施時期は未定となっている。

 両パークで休止するアトラクションや施設も発表しているので、東京ディズニーリゾートのホームページで確認してほしい。