• ホーム
  • 業界動向
  • 横浜スタジアムでスマホ決済「PayPay」が利用可能に、6月19日から

横浜スタジアムでスマホ決済「PayPay」が利用可能に、6月19日から

販売戦略

2020/06/16 18:30

 PayPayは、プロ野球開催時の横浜スタジアムでスマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」の提供を6月19日に開始すると発表した。


 これによって、横浜スタジアムの場内店舗、場外店舗、客席販売員(売り子)、当日チケット販売、グッズ販売などでPayPayでの決済が利用できるようになる。なお、プロ野球の公式戦は、当面の間、無観客での試合開催が決定しているため、無観客で試合が開催される期間中、場外グッズ売り場「BAYSTORE HOME」「BAYSTORE PARK」でのみPayPayを利用できる。

 また、6月16日から「#PayPayきせかえして観戦」と題し、PayPayアプリのバーコード部分を横浜DeNAベイスターズの監督、選手やマスコットの画像に設定できる「きせかえ」の提供を開始する。

オススメの記事