• ホーム
  • 業界動向
  • 「FaceMe」でマスク検出・マスク着用中の顔認識、サイバーリンクが提供

「FaceMe」でマスク検出・マスク着用中の顔認識、サイバーリンクが提供

販売戦略

2020/06/09 14:30

 顔認識技術のパイオニアであるサイバーリンク(本社・台湾)は、AI顔認識ソフトウェア開発キット(SDK)「FaceMe」で、マスク検出とマスク着用時の顔認識を6月にリリースする。マスク着用有無の検出を行い、マスク着用時でも顔を検出して人物を特定する。


 新型コロナウイルスの感染が終息しない中、マスクの着用はウイルスの拡散を防ぐ最も効率的な方法の一つとされている。そこで今回、FaceMe SDKでセキュリティシステムやスマートリテール端末(店頭カメラ、POS、デジタルサイネージなど)へ新たに統合できる「マスク検出」機能を提供する。マスクを着用していない人を検出し、警備員または関係者に通知を送信する。

 さらに、マスク着用中の顔認識機能によって、マスクを着用している場合でも出退勤管理や従業員の特定などのセキュリティシナリオが可能となる。これによって、さまざまな場所で顔による「非接触」生体認証を行うことができる。

 なお、サイバーリンクでは20年第2四半期にサーマルカメラ(体表面温度の測定)の統合とカメラ映像内の数カウント機能の導入も予定している。これらのソリューションは、訪問者の体温と公共施設などでの密度を検出するために活用できる。

オススメの記事