ソフトバンクロボティクスのAI清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」で、床面の新型コロナウイルス量を削減できることが第三者機関の調査で実証された。また、Whizと薬剤による壁やドアノブなどの消毒を組み合わせたオプションサービス「除菌ソリューション(β版)」を6月中旬以降に提供開始する。

AI清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」

 ソフトバンクロボティクスでは今回、Whizによる新型コロナウイルス量の削減効果を調査するため、第三者環境評価を行った。東京都江戸川区・江戸川保健所の協力の下、新型コロナウイルス感染症軽症患者の受け入れを行っている施設で、バイオメディカルサイエンス研究会(BMSA)が実施した。

 Whizの清掃前後で、床面の細菌量は大幅に減少し、新型コロナウイルスもPCR検査でわずかに検出されたものの、同じく大幅に減少することが実証された。この結果は、人が歩くことで細菌やウイルスが飛散しやすい床面の清掃でWhizの効果が確認されたことになる。

 また、Whizと薬剤用スプレーを組み合わせ、薬剤で壁やドアノブなどを消毒しながら床の清掃を行った場合の新型コロナウイルス量の削減効果も調査した。この清掃前後で、接触部に付着した新型コロナウイルスはPCR検査でも検出されないレベルまで削減できた。この場合、Whizは自動で継続的に移動し、薬剤を補いながら消毒を行うため、床面だけでなく、壁やドアノブなどといった接触部も効果的に消毒することが可能になったと考えられる。

 今回の結果を受け、秋以降に提供予定だった新オプションサービス「除菌ソリューション」の提供予定時期を大幅に早め、除菌ソリューション(β版)として、6月中旬以降に提供開始する。これは、薬剤による立面・接触部消毒とWhizを組み合わせたサービスとなっている。

 このほか、ソフトバンクロボティクスは、BMSAや国際医療財団、日本ペストコントロール協会など感染症対策の専門機関に監修を依頼し、東京都江戸川区・江戸川保健所の協力の下、「新型コロナウイルス軽症者受け入れ施設向け 清掃ガイドライン」を作成している。