ヤフーは、Yahoo!JAPANが提供する各種サービスで、unerryが運営する「お買物混雑マップ」の情報をもとに、全国約2万8000店のスーパーマーケットや薬局などの店舗近辺の混雑状況を表示、確認できる機能の提供を6月1日に開始した。

混雑状況のお知らせページイメージ

 政府は、5月4日に新型コロナウイルス感染症を想定した「新しい生活様式」を提言して、混雑を避けた行動が必要であると示し、5月25日に新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を全国で解除した。これによって、外出する人の増加も想定され、新型コロナウイルスの第2波に備える必要がある。

 Yahoo!JAPANでは、「新しい生活様式」に記載されている「買い物は1人または少人数ですいた時間に」の実現に向け、ユーザーの混雑を避けた日用品の買い物時の参考にしてもらうため、今回の新機能を提供した。

 新機能は、過去1週間の曜日・時間帯別に、スーパーマーケットや薬局の小売店近辺の混雑状況を、「Yahoo!MAP」と「Yahoo!ロコ」で図、「Yahoo!地図」「Yahoo!検索」でアイコンと文字で表示する。

 unerryが提供する統計データを活用して、最も混雑している1時間当たりの人数を基準とし、営業中の1時間ごとの混雑状況を「混雑」「通常」「緩和」の三つに分類して表示する。ユーザーは、過去の混雑状況を参考に空いている曜日と時間帯を知ることができ、混雑を避けた買い物に活用できる。