TOKYO TOWERは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐために営業を休止していた東京タワーの展望台の営業を5月28日に再開した。

「オープンエア外階段ウォーク」(左)と「トップデッキ専用エレベーターツアー」の実施イメージ

 営業再開後は当面の間、営業時間を2時間短縮するとともに、メインデッキに続く「オープンエア外階段」を開放的で健康的なコースとして「オープンエア外階段ウォーク」として毎日オープンする(通常の展望料金が必要)。実施期間は5月28日~6月14日。

 トップデッキへの入場にあたっては、3種類のエレベーター全てをグループ(1~4人)で完全貸し切りできる「トップデッキ専用エレベーターツアー」を行う。実施期間は5月28日~6月14日。税込み価格は人数によらず8000円となっている。

 営業時間は、メインデッキが9~21時、「オープンエア外階段ウォーク」が9~20時(最終入場:20時、雨天時中止)、「トップデッキ専用エレベーターツアー」が9~21時(最終入場:20時15分)。

 オフィシャルショップは、3階フットタウンの「GALAXY」が9~20時30分にオープンするが、メインデッキ2階の「THE SKY」は引き続き休業する。

 営業再開にあたっては、アテンダントおよびスタッフの健康管理や、館内設備の消毒と清掃を徹底するとともに、飛沫防止対策用のシートとソーシャルディスタンスマークの設置を行う。

 来場者には来場時に検温を実施し、館内各所に消毒液を設置する。また、来場者には入館時のマスク着用を求める。
 
「希望の光」点灯イメージ

 営業を再開する5月28日の日没~24時には、「希望の光」スペシャルダイヤモンドヴェールを点灯し、東京観光復活の願いを表現する。