大分県別府市は、新型コロナウイルス感染症の影響で来店客が激減した市内の飲食を提供する施設を応援するプロジェクト「#別府エール飯」を3月18日に開始した。

#別府エール飯

 「#別府エール飯」は、「美味いは、コロナに負けない。」「持ち帰れ、別府の美味い飯。」のキャッチコピーのもと、テイクアウトで飲食を提供する施設を応援するプロジェクト。

 テイクアウトであれば、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、不要不急の外出を控えるよう求められている状況下でも、飲食を提供する側は自信を持ってお店や商品の発信が可能であり、市民は気軽にお店の味を楽しみ、お店を応援できる。

 市民は市内の飲食店でテイクアウトした料理を撮影し、「#別府エール飯」のハッシュタグをつけてSNSに投稿する。
 
市民はテイクアウトした料理を「#別府エール飯」のハッシュタグでSNSに投稿することでお店を応援

 飲食店側は、テイクアウト商品を作って撮影し、ハッシュタグ「#別府エール飯」をつけてSNSに投稿。まだテイクアウトサービスを実施していない飲食店は、新たにテイクアウトサービスを立ち上げることでテイクアウトムーブメントを作り、市民総出で飲食店の支援を行う。
 
飲食店はテイクアウト商品を「#別府エール飯」のハッシュタグでSNSに投稿することでお店や商品を発信