Froritは、「おでかけめがね」プロジェクトとして、新型コロナウイルスの影響などで外出の困難な子どもたちや全ての人に向けて3DVRコンテンツの無償公開を3月17日に開始した。


 VRコンテンツは、YouTube上で提供するため、VRゴーグルとスマートフォンを用意することで、無料でVR動画コンテンツを楽しむことができる。VRゴーグルを持っていない場合、100円均一や大手通販サイトなどで購入することもできる。

 また、少しでも多くの人におでかけめがねを知ってもらい、コンテンツを拡充するためにクラウドファンディングも同時に開始した。撮影に協力してもらえる個人、団体などを募集している。

 今回のプロジェクトでは、新型コロナウイルスの流行で自由に遊びに行けない世界の子どもたちに加えて、病気で入院していて外に遊びに行けない闘病児、体が不自由で外出が自由にできない人など、外出困難な全ての人に、VRの力で少しでも楽しみと心のケアを届けることが目的。将来的には、有名テーマパークやアイドルのコンサート、スポーツの試合などをVRで楽しめるようにコンテンツを拡充していく考え。