コミュニケーションアプリ「LINE」が3月17日、「Google アシスタント」に対応した。今後は、Android搭載スマートフォン(スマホ)に話しかけるだけで、LINEのメッセージを送ることができる。

Googleアシスタントに話しかけてLINEを送信できるようになった

 スマホ内のGoogleアシスタントを起動して、メッセージを送る場合は「OK Google、○○にLINE送って」と言った後に内容を話す。新着メッセージを確認する場合は、「OK Google、メッセージを読んで」と話しかけるだけ。また、設定すれば、画面を操作せずに「OK Google」と話しかけるだけで操作することもできる。

 なお、Googleアシスタント経由で「LINE」のメッセージ送受信が行えるのは、1対1のコミュニケーション時のみ。送受信する内容は、テキストに限られる。対応言語は、日本語と英語の2か国語。Googleアシスタントにテキストを入力してLINEのメッセージを送ることもできる。