シャープは、液晶パネルを製造・販売する中国Xianyang CaiHong Optoelectronics Technology(CHOT)、香港TPV Technologyとその子会社、米Vizioがシャープの特許権12件を侵害していると判断し、3月10日(米国時間)に米国カリフォルニア州中央地区連邦地方裁判所で特許権侵害訴訟を提起した。この特許権は、PSA技術と高精細パネル技術を含む、液晶パネルに関するもの。


 シャープは、19年11月にCHOTに対して特許権侵害の警告を行い、CHOTに特許権侵害の立証資料を提示するなど、交渉を通じての解決を図ってきたが、その後もCHOTによる特許権侵害が継続していると判断し、今回の訴訟提起に至った。

 この訴訟で、シャープは上記企業に対して液晶関連の特許権侵害を申し立てるとともに、侵害行為の差止命令と液晶パネル技術の無償使用や逸失利益に対する損害賠償を請求している。