eスポーツイベント「RAGE」を運営するCyberZ、エイベックス・エンタテインメント、テレビ朝日は、VR技術を活用し、eスポーツ観戦やイベント体験ができるeスポーツ専用VR施設「V-RAGE(ブイレイジ)」β版をオープン、「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」を3月15日に開催する。イベントでは、V-RAGE会場に限ってM-1グランプリ2019王者のミルクボーイが3Dモデル化され、大会用に作ったオリジナルネタを披露する。


 V-RAGEは、RAGEが運営するeスポーツ大会の観戦やイベント参加体験ができるeスポーツ専用VR施設。クラスターが提供するバーチャルイベントプラットフォームを利用し、これまでオフラインで開催してきたeスポーツ大会のRAGEを、バーチャル空間で開催する。

 ユーザーは、スマートフォン(スマホ)やPCからV-RAGEにアクセスし、eスポーツ観戦やイベント参加が可能となる。VRデバイスを使用することで、実際の会場にいる臨場感とそれを超える新しいeスポーツの観戦体験を提供する。

 V-RAGEでは、バーチャル空間にRAGE会場が出現し、まるでRAGEの本会場にいるかのような臨場感でeスポーツを観戦することができる。試合の勝敗と連動してスタジアム内のカラーが変わるほか、会場内に花火が打ちあがるなど、バーチャル空間ならではの演出や、スタジアム内の好きな位置に移動して観戦が可能。

 普段、RAGE会場に足を運ぶのが難しい人も気軽に来場できるため、友人と一緒にチャットによる会話や、コンテンツを楽しむことができる。