ジャパンリゾートは、新型肺炎の流行によって職場以外で働く「リモートワーク(テレワーク)」が注目を集めていることを受け、リモートワークをしながらもコアワーキングスペースなどの人ごみに紛れず、自宅のような快適な場所で、旅行気分でリモートワークできる場所を紹介した。


 今回紹介するのは、京都嵐山のホテル「The GrandWest ArashiyamaThe GrandWest Arashiyama」、長野県茅野市の温泉宿「蓼科新湯温泉」、日産自動車とコールマンがコラボした「リモートワーク仕様車」の三つ。

 The GrandWest ArashiyamaThe GrandWest Arashiyamaは、京都嵐山にある全10室の小さなホテル。閑静な住宅街にあるため他の観光客との接触は少なく、客室数も限られているためフロントや屋上で人と会わずに仕事に取り組める。客室は、マンションの1室ほどの広さの52平方メートル以上で、子どもも自宅のように遊べる広さが十分にあり、子連れリモートワークも安心となっている。

 また、子連れリモートワーク応援プランとして小学生未満2人無料、小学生は通常から割引の特別料金で期間限定販売している。

 蓼科新湯温泉は、創業大正15年の蓼科の歴史と文化がある温泉旅館。蓼科新湯と関わりの深い10人の文人をイメージしてつくられた部屋は、日本のクラシックモダンな雰囲気で非日常を味わえる。

 リモートワーク利用向けに、長期滞在で安心して仕事に取り組んでもらえるよう宿泊料金10%割引や、小学生までの子ども2人まで無料の割引を用意している。また、渓谷を一望できる露天風呂を貸切で30分利用できるため、人との接触も抑えることができる。

 リモートワーク仕様車は、マスターシリーズなど上質なアウトドアを提供するコールマンと、プロパイロットなど先進技術によって上質な移動を提供する日産エクストレイルがコラボして開発した、好きな場所で働くことを可能にする自動車。市販はされていないが、リモートワークを推奨する現代に、どこでも働くことができる可能性を示唆した内容となっている。