キングジムが2019年2月に発売したアルコールディスペンサー「テッテ」が、世界的に権威の高いデザイン賞「iFデザイン賞2020」を受賞した。

インフルエンザや新型肺炎などの予防に役立つテッテ
(TE500)

 手をかざすだけで、自動でアルコール消毒液が噴射される乾電池駆動の自動手指消毒器。個人宅からオフィスまで、場所を問わずに空間にマッチするホワイトを基調としたシンプルなデザインで、「TE500」の税別価格は4900円。

 iFデザイン賞は、1953年に設立されたドイツを拠点とするデザイン振興のための国際的な組織「インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(通称iF)」によって、毎年全世界の工業製品などを対象に優れたデザインを選定するデザイン賞。シンプルなデザイン性に加え、衛生的で機能的な点も評価された。

 テッテは、「2019年度グッドデザイン賞」(日本)、「2019 Design for Asia Awards(中国・香港)」の「Merit Award」も受賞しており、今回3つめの受賞となる。

 なお、現在、オンラインショップでは入荷待ち・予約商品となっており、入荷予定はおおむね3カ月後となっている。