鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどに悩まされる春の花粉シーズンがやってきた。日本気象協会によると、2020年の春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)の飛散開始時期は、早いところで2月10日前後。近畿や関東では、わずかな飛散がすでに確認されている場所もあり、同協会は早めの対策を呼びかけている。東京では、例年より早くスギ花粉の飛散ピークを迎え、期間は長くなる見通しだ。

日本気象協会が発表したスギ花粉の飛びはじめ予想

 同協会が1月22日に発表した「2020年 春の花粉飛散予測(第3報)」では、2月上旬に花粉シーズンがスタートするのは、九州、四国、東海、関東の一部としている。近畿、長野、北陸、東北では例年並みか、例年より早く花粉が飛び始めるところがあるという。

 花粉の飛散量は、九州から関東甲信にかけて例年より少ない見込み。特に、九州では非常に少なく、中国や近畿でも非常に少ないところがあると予測。一方、東北、北陸は前シーズンよりやや多い傾向。北海道と青森では非常に多くなる予想だが、これは前シーズンの飛散量が例年に比べて非常に少なかったためだ。
 
2020年(例年比)の花粉飛散量予想​​​​​
 
 スギ花粉のピークは、福岡が2月下旬から3月上旬、高松・広島・大阪では3月上旬から中旬の予想。ピークの時期は例年並みとみられる。名古屋は3月上旬から中旬、東京は2月下旬から3月下旬、金沢や仙台は3月上旬から下旬と、例年より早く飛散のピークを迎える見通し。また、東京はピークの期間が長くなるという。
 
 
スギ・ヒノキ花粉のピーク予測​​​​​
 
 スギ花粉のピークが終わると、ヒノキ花粉が飛び始める。福岡では3月下旬から4月上旬、高松や広島、大阪では4月上旬から中旬の見込みで、ピーク時期は例年並みと予測。名古屋では4月上旬から中旬、東京では4月上旬から下旬にピークを迎えるという。金沢と仙台は、4月を中心にヒノキ花粉が飛散するが、飛散量は他の地点と比べると少ないため、はっきりとしたピークはないと予測している。

 早めの対策としては、花粉を取り除いてくれる空気清浄機や、外に干せないふとんや洗濯物をケアするふとん乾燥機を利用することなどが考えられる。マスクは品薄状態が続いているが、手洗いやうがいで花粉を洗い流すと、症状を軽減できるはずだ。ピークに入っても、外に干した洗濯物や服に付着した花粉を払うなど、なるべく家の中に花粉を入れないことを心がけたい。