ジェネラリストを目指せ! JDLAの2020年第1回「G検定」受験

時事ネタ

2020/02/17 16:30

 ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す日本ディープラーニング協会(JDLA)は、3月14日に開催を予定している20年第1回ジェネラリスト検定「JDLA Deep Learning for GENERAL 2020 #1」(G検定)の受験申込を2月3日に受付開始した。


 JDLAでは、ディープラーニングの知識を有し、「事業活用する人材(ジェネラリスト)」「ディープラーニングを実装する人材(エンジニア)」の育成を目指している。JDLA資格試験の合格者には認定ロゴと合格証を配付するほか、合格者コミュニティ「CDLE(Community of Deep Learning Evangelists)」に招待する。

 G検定は、ディープラーニングを事業に生かすための知識を有しているかを検定するもの。試験時間は120分。小問226問(前回実績)程度の知識問題(多肢選択式)が出題され、オンラインで実施(自宅受験)する。

 受験料は、一般が1万3200円、学生が5500円。申込期間は、3月6日23時59分まで。

オススメの記事