• ホーム
  • 業界動向
  • Nintendo Switchドックの10分の1サイズ、「GENKI Dock」のクラウドファンディング開始

Nintendo Switchドックの10分の1サイズ、「GENKI Dock」のクラウドファンディング開始

販売戦略

2020/02/10 14:00

 Human Things(ヒューマンシングス)は、「Nintendo Switchドック」と比較してサイズを10分の1に小型化、かつ軽量化し、Nintendo Switchだけでなくさまざまな機器の急速充電や映像音声出力に対応した「GENKI Dock」の先行予約販売を、クラウドファンディングサイト「Makuake」で2月6日に開始した。一般販売予定価格は税込みで8680円。

GENKI Dock

 GENKI Dockは、2019年に米国と台湾で実施されたクラウドファンディングにおいて、3万5000名を超える支援者を集めた多機能ドック。

 半導体に窒化ガリウム(GaN)を採用することで、「Nintendo Switchドック」の機能はそのままに、サイズ・重量を大幅に削減した。サイズが幅33×高さ44×奥行き60mmで、重さが69g。
 
ポケットに入るコンパクトサイズを実現

 本体には、USB3.1 Type-A、USB3.1 Type-C、HDMI 2.0ポートを備えており、Type-A/Type-C間は急速充電に加えてデータ通信も可能なほか、Type-Cに接続した機器はHDMI出力が可能なので、ノートPCタブレット端末の画面を、テレビや液晶ディスプレイなどに出力したい場合にも使える。
 
さまざまな機器の接続に対応

 電源は100~240Vに対応し、コンセントにグローバルアダプターを付ければ欧米やアジアを含む150カ国以上で使用できる。また、オリジナルのアドオンツールには、1.5m/3.0mのHDMIトラベルケーブルや、1.8mのUSB3.1オプションケーブルなどを用意している。

 ほかにも、過電流/電圧の発生、過熱、漏電などを防ぐ専用チップを搭載し、接続機器を保護するためのグローバル認証を取得した。なお、開発には任天堂のACアダプター開発に携わったメンバーも参加しており、Nintendo Switchが採用する充電規則に則って、高品質な部品を採用している。ファームウェア更新でNintendo Switchのドッキングプロトコルが変更された場合にも、互換性が保てるよう本体のファームウェアの更新を可能にした。

 税込みの支援額は、本体×1個を18%オフで購入でき、1.8mのUSB Type-Cケーブルが付属するプランが7100円、本体×1個を23%オフで購入でき、USB Type-Cケーブル、専用収納ポーチ、「GENKI Audio」×1個などが付属するプランが1万4100円。

オススメの記事