トヨタ自動車は1月15日(米国時間)、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発・実用化を進める米Joby Aviationとの協業に合意したことを発表した。空飛ぶタクシーなど、新たな空のモビリティ事業を早期に実現する。

Joby Aviationが開発を進めるeVTOL

 今回の協業では、トヨタ自動車は生産技術の見地で設計、素材、電動化の技術開発に関わることに加え、トヨタ生産方式(TPS)のノウハウを共有する。最終的には、高い品質、信頼性、安全性、厳しいコスト基準を満たすeVTOLの量産化を目指す。

 トヨタ自動車は、Joby Aviationが計5.9億ドルを調達したシリーズCの出資ラウンドのリードインベスターとして、3.94億ドルの出資を行うとともに、友山茂樹副社長がJoby Aviationの取締役に就任する。

 eVTOLは、短距離・多頻度運航用に設計され、都市圏において通勤者や出張者、旅行者のオンデマンド利用が見込まれる、空飛ぶタクシー市場のニーズに適している。ヘリコプター、ドローン、小型飛行機の要素を備え、信頼性、環境生(ゼロ・エミッション)、巡航速度、静粛性などに優れる。運用コスト、メンテナンスコストも低く抑えられるほか、強化された安全機能も備える。

 機体の詳細や生産計画など、協業の具体的な取り組み内容は、後日、公表する予定。