トヨタ自動車、トヨタファイナンシャルサービス、トヨタファイナンスの3社は、スマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」を11月19日にリリースした。まずはiOS版のみ提供し、来春にAndroid版の提供も予定している。

「TOYOTA Wallet」のロゴとバーチャルカードイメージ

 一つのアプリで、プリペイド型電子マネー「TOYOTA Wallet残高」、クレジット型サービス「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」、デビット型サービス「銀行Pay」と3通りの決済方法に対応し、店舗や支払い状況に応じて使い分けられる。

 電子マネーは「iD」で、iD/Mastercard加盟店で、レジで端末をかざして決済できる。残高の上限額は5万円。TOYOTA TS CUBIC Origami Payは、Origami加盟店で利用できるQRコード/バーコード決済サービスで、オリジナルのOrigami Payと異なり、クレジットカード決済のみとなる。銀行Payは、銀行口座直結のQRコード/バーコード決済サービスで、銀行Pay加盟店で利用が可能。「事業者型 Pay」を採用しており、まずは三井住友銀行の口座保有者のみ利用できる。
 
利用可能な決済サービスの詳細

 トヨタ自動車など3社は、決済サービスを通じ、顧客との接点強化を図る。さらに今後、提携先を拡大し、トヨタ販売店のみならず、「トヨタレンタカー」「TOYOTA SHARE」「KINTO」「my route」「MONET」など、トヨタグループ内外のさまざまなモビリティサービスと連携する予定。アプリの機能も順次拡充していく。
 
利用イメージ

 初回特典として、TOYOYA Walletの新規アカウントを設定し、初めてTOYOTA Wallet残高のチャージ方法を設定すると、もれなくTOYOTA Wallet残高500円分をプレゼントする。また、トヨタ販売店でTS CUBIC Origami Payに新規入会すると、トヨタ販売店、Origami Payが使える店舗で利用できる500円分の値引きクーポンをプレゼントするキャンペーンを2020年3月31日まで実施する。
 
電子マネーのTOYOTA Walletには、TS CUBIC CARDをはじめ、指定のクレジットカードならば無料で
チャージ可能。他のクレジットカードは1回204円の手数料がかかるが、現在は無料

 トヨタファイナンスは、旧「TS CUBIC」アプリをリニューアルしたスマートフォン決済サービス「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」を今年7月1日に提供開始したものの、セブンペイ不正利用問題の影響で受け付けを一時休止していた。TOYOTA TS CUBIC Origami Payから一新したTS CUBIC Origami Payは、クレジットカードのTS CUBIC CARDを契約していなくても利用でき、両方に入会すると、ポイント付与率が通常の5倍、1000円ごとに10ポイントに増える。