総務省は、2020年9月開始予定の「マイナポイント事業」のホームページをオープンした。同事業は、消費増税後の消費促進、マイナンバーカードの取得を促すための施策。マイナンバーカードとマイキーIDをキャッシュレス決済サービスと紐付け、チャージもしくは決済で25%相当のマイナポイントを受け取ることができる。

1月6日にオープンしたマイナポイント事業のホームページ

 ホームページでは、マイナポイントの取得から利用までの流れを説明している。1月8日時点では、地方自治体などでマイナンバーカードと、本人確認用ID「マイキーID」の発行を受け付けている。7月からマイナポイントと連携させるキャッシュレス決済サービスを一つ選択できるようになるほか、9月からマイナポイントの取得と利用ができるようになる予定だ。

 マイナンバーカードの交付には一定の時間を要するため、早めに申請しておくと安心してマイナポイント事業の開始を待つことができるだろう。マイナポイントと連携が可能なキャッシュレス決済サービスは募集中。同サイトでは、キャッシュレス決済事業者に向けた登録受付や、説明会の案内を掲載している。

 マイナポイント事業の利用期間は、20年9月~21年3月末まで。20年6月に終了する「キャッシュレス・ポイント還元事業」に次ぐ国の還元事業という位置づけだ。ポイント還元事業は、キャッシュレス決済の利用拡大が目的。各スマートフォン決済サービスの利用者が増加するなど、ある程度の成果はあげられている。マイナポイント事業では、マイナンバーカードの利用を促進できるかに期待がかかる。