年末年始は銀行が休みになり、窓口業務が行われない。いざ、銀行に行く用事ができたときに慌てないよう、事前に予定をチェックしておこう。みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行とゆうちょ銀行の休業日・営業日を下記にまとめた。

銀行窓口の年末年始営業日は事前に確認しておきたい

みずほ銀行

 まず、みずほ銀行。一般営業店の窓口は12月31日~1月5日まで休業だ。阪急梅田支店のみ、1月4日の10時~17時まで営業する。ただ、同店舗では、12月30日と1月6日の15時以降、1月4日の終日は、資産運用・住宅ローンに関する相談業務のみ受け付ける。24時間稼働店やコンビニなどのATMなら、店舗によって営業時間が異なるが、毎日「休日扱い」で同行のキャッシュカードを利用することができる。みずほダイレクトのオンラインサービスは毎日利用可能。電話対応は、正月3が日は休業する。
 
みずほ銀行「2019年度 年末年始の営業のご案内」

三井住友銀行

 三井住友銀行の窓口は、12月31日~1月5日までが休業になる。本支店やコンビニなどのATMでは、毎日同行のキャッシュカードを利用することができる。営業時間は店舗によって異なるので、要確認だ。12月31日~1月3日は土日・祝日と同様のサービス内容・利用手数料になる。電話対応は、正月3が日は休止するが、インターネットバンキングなどのSMBCダイレクトは休業しない。
 
三井住友銀行「年末年始営業のご案内」

三菱UFJ銀行

 三菱UFJ銀行の窓口も、12月31日~1月5日まで休業だ。同行のATMでは毎日キャッシュカードを利用可能。12月31日は土曜日扱い、正月3が日は祝日扱いになる。また、コンビニATMなどでも毎日利用することができる。オンラインサービスの三菱UFJダイレクトは毎日24時間稼働している。
 
三菱UFJ銀行「2019年~2020年 年末年始窓口・ATM等のご利用について」

ゆうちょ銀行

 12月31日~1月5日まで休業なのは、ゆうちょ銀行の窓口も同様だ。ATMの利用は毎日可能。オンラインサービスのゆうちょダイレクトも毎日利用できるが、電話対応は正月3が日は休止する。
 
ゆうちょ銀行「2019年11月15日 年末年始における各種サービスの取り扱いについて」

 各社とも、窓口業務は行われていないが、休日や祝日にも営業しているATMは利用することができる。現金が必要なときは、手数料を払うことにはなるものの、コンビニなどのATMがおすすめだ。手持ちが足りないなら、スマートフォン決済サービスやクレジットカードに支払方法を切り替えることもできる。

 なお、今年中に振り込む必要がある場合は、どの銀行でも12月30日の窓口営業時間中に受け付けを済ませなければならない。お年玉などで必要になる新札の入手は難しくなるので、事前に準備しておきたい。(BCN・南雲 亮平)