楽天モバイルは10月4日から6日までの3日間、テニスの国際大会「楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2019」の準々決勝戦、準決勝戦、決勝戦の試合を、第5世代移動通信システム(5G)でライブ配信、VR映像で試合を体感できるイベントを開催した。

VR映像で試合を体感
 
楽天モバイルが設置した特設ブース

 イベントは、10月4日に試合会場隣接の特設ブース、10月5日から「楽天モバイル池袋東口店」でも実施。5G商用化に向けた実証実験の一環として有明コロシアム内に設置したNEC製の5G基地局を通じて、試合会場外のユーザーに高画質(8K)の映像によるリアルタイムのVR体験を提供した。

 5Gでのライブ配信をユーザーに提供するのは、楽天モバイルによって初。なお、楽天モバイルは、10月から携帯キャリア事業者(MNO)としてのサービスを開始、20年6月に5Gサービスの提供開始を予定している。