楽天モバイルは9月6日、東京・二子玉川の本社で会見を開き、10月に開始する携帯キャリア事業の詳細を発表した。5000人を対象に、「無料サポータープログラム」を実施。通話・データ容量とも無制限で、無料で提供する。期間は10月1日~2020年3月31日まで。有料の正式プランは、安定した通信を確認できたらスタートするとした。

楽天モバイルが10月に開始する「無料サポータープログラム」概要

 同プログラムは10月1~7日に申し込みを受け付け、応募者が5000人以上に達した場合は抽選で決める。応募条件は、東京都23区、大阪市、名古屋市、神戸市に在住していることと、満18歳以上。新規契約と乗り換えのどちらも受け付ける。
 
「無料サポータープログラム」の参加条件と内容、要件

 サービス内容は、国内電話、データ通信、国際電話、国際ローミング(データ通信)、SMSを無制限で利用可能。要件は、品質テストとアンケートに回答すること。楽天回線対応の製品を使うことだ。有料の正式プランが20年3月31日までに開始した場合、同プログラムは終了する。

 同社は携帯キャリア事業開始に際し、独自開発の世界最小最薄のFelica搭載スマートフォン「Rakuten Mini」を投入する。また、楽天モバイルが今後発売する製品は全て「SIMロックフリー」になる。

 同社の携帯キャリア事業は、完全仮想化した世界で初めての通信ネットワークを活用したサービス。楽天の三木谷浩史会長兼社長は、「初めての試みなので、慎重に展開していく」と、利用者を絞ってサービスを展開する理由を説明する。

 小規模でスタートする理由については、基地局の設置遅れが指摘されていたが、「当初、基地局の設置は少し遅れていたが、ペースは順調に回復している。10月のサービス開始時には、東京23区、名古屋、大阪、兵庫県で楽天回線をご利用いただける。他の地域については、KDDIの回線に乗り入れる。1カ月か、年内いっぱいなのか、まだ分からないが、安定した通信が可能であると判断できたら、ネットでの受付を開始する」と述べた。