工機ホールディングスは9月1日に、中国のオンライン&モバイルビジネスプラットフォーム「天猫(Tmall)」に出店し、同社初のBtoC事業として電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」の販売を開始した。

中国での「HiKOKI」ブランドのロゴ

 旗艦店として「HiKOKI高壹工机(ガオイゴンジ)电动工具旗舰店」を立ち上げ、本格的なDIYユーザーをターゲットに、中国で人気の高いコードレスドライバドリルや石材カッターといった電動工具を中心に、約50種類の製品を販売する。なお、一部の製品には、特典として帽子や保護メガネなどがギフト品として付属する。
 
主な取り扱い製品 (上段左から、コードレスドライバドリル「FDB 3DL2」、コードレスドライバドリル「FDS 18DGL」、ドリル「D 10VC3」、(下段左から)石材カッター「CM 4SB2」、
コードレスクリーナー「R 12DA」)

 「天猫(Tmall)」は、中国・アリババグループ傘下の世界最大のブランド・小売企業向けオンラインビジネスプラットフォーム。世界市場の5割強を占めるとされる中国小売市場におけるモバイル月間アクティブユーザー数は7.55億人を突破しており、継続的に成長している。

 今回の「天猫(Tmall)」への出店によって、より効率的に中国消費者市場にアプローチし、中国市場におけるブランド認知の向上と売り上げの拡大を目指す。