インバウンド集客から越境ECサイト構築までの中国プロモーション支援をビジネスとして手掛けるJC Connect(JCC)は、エディオンの「エディオンなんば本店」が6月7日にオープンしたことに伴い、中国インバウンド誘致の取り組みを総合支援している。


 エディオンなんば本店では、1年間で来店者数を2000万人と見込んでおり、そのうちインバウンド比率は3割程度とみている。さらに多くの訪日中国人観光者を誘致するため、中国最大の生活プラットフォーム「大衆点評」、人気No.1のチャットアプリ「WeChat/Weixin」やSNS「Weibo」を活用する。

 具体的には、大衆点評で店舗の様子や商品紹介など、中国人インフルエンサーによる情報拡散、WeChat/Weixinのエディオン公式アカウントでオープン記念のクーポン配布やモーメンツ広告などを実施。Weiboで公式アカウントへのフォローを増やす広告プロモーションなどを活用し、店舗オープンの幅広い告知と集客を行う。