MMD研究所は、スマートフォン(スマホ)を所有する20~69歳の男女557人を対象に7月18~20日の期間で「2019年スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査」を実施した。調査によれば、Instagramの利用が伸びているという。


 SNSの利用について聞いたところ、「現在利用している」との回答は、Facebookが35.0%、Twitterが44.7%、Instagramが34.5%、TikTokが7.7%。Instagramは、FacebookやTwitterと比べて利用率が低いが、調査開始時の2014年で13.5%だったのに対して19年で34.5%と、5年で21ポイント上昇。一方、FacebookとTwitterは利用率が下がっているという。

 なお、各サービスで「現在利用している」との回答が最も多かった年代は全項目で20代が最多。Facebookが48.4%、Twitterが74.7%、Instagramが57.1%、TikTokが18.7%とのことだ。