MMD研究所は5月16~19日の期間、通信大手6サービスをスマートフォン(スマホ)で利用している20~69歳の男女6000人を対象に「通信会社と利用ポイントに関する調査」を実施した。通信大手6社は、NTTドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobile、楽天モバイル、UQ mobile。それぞれ1000人を調査した。


 男女6000人のうち、ポイントサービスを利用していると回答した5826人に、対象に、最も利用するポイントサービスの順位を聞いたところ、ドコモ、au、、楽天モバイル、UQ mobileのユーザーが「楽天スーパーポイント」、ソフトバンクとY!mobileのユーザーが「Tポイント」と回答したという。

 なお、最も利用すると回答したポイントサービスの満足度を聞いたところ、「とても満足している」「やや満足している」を合わせると、楽天スーパーポイント(n=2296)が81.2%、Tポイント(n=1873)が63.0%、WAONポイントが(n=382)が68.1%、dポイント(n=243)が66.7%、nanacoポイント(n=240)が60.4%の順になったとのことだ。