PayPayは、7月10日にPayPay残高の各名称と有効期限の変更を発表した。変更日は7月29日。また、Yahoo!マネー事業と統合する9月30日以降に出金可能なPayPay残高「PayPayマネー」を追加する。

PayPayが残高の名称と有効期限を変更。
出金可能なPayPay残高「PayPayマネー」も追加する

 現在のPayPay残高には、「PayPayライト」「PayPayボーナス」「PayPayボーナスミニ」の3種類があるが、7月29日に名称と有効期限を変更する。

 「PayPayライト」は「PayPayマネーライト」に変更。銀行口座や「ヤフオク!」の売上金からチャージした残高で、送金やわりかん機能で利用できる。「PayPayライト」の有効期限は最後の残高増減日から5年間だったが、「PayPayマネーライト」は無制限となる。

 特典やキャンペーンによって付与される「PayPayボーナス」は名称は変わらないが、最後の残高増減日から2年間だった有効期限は無制限に変更される。「PayPayボーナスミニ」は「PayPayボーナスライト」に名称を変更。有効期限は付与から60日間で変更はない。
 

 PayPayとYahoo!マネー事業が統合する9月30日以降に追加される「PayPayマネー」のチャージ方法は「PayPayライト」と同じで、所定の本人確認をしていれば前者に、済ませていない場合は後者になる。有効期限は無期限。なお、すでに保有している「PayPayライト」については出金可能な「PayPayマネー」に変更することはできない。