ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」でネットリサーチサービス「Fastask」を利用して17~69歳の男女1100人を対象に調査を実施した。調査によれば、「Facebook」のタイムラインに表示される広告を見て不快に感じた経験があるという回答者のうち、41.2%は「広告を非表示にしたことがある」と回答したとのことだ。

あなたがInstagramのタイムラインで表示される「広告」に不快感を抱く理由について、
あてはまるものを全てお選びください。(出典:Marketing Research Camp)

 男女別に見ると、男性が37.2%に対して女性が45.1%。Facebookのタイムラインに表示される広告に不快感を持ったという回答者のうち、「広告を報告したことがある」が16.3%、「いいねボタンで不快と意思表示をしたことがある」が10.4%、「シェアで不快と意思表示をしたことがある」が10.4%とのことだ(複数回答)。