テスティーは、若年層を対象に調査した結果を発信する「TesTee Lab」で、10~20代の男女3396人を対象に、電子マネーに関する調査を実施した。内訳は、10代の男性が851人、10代の女性が845人、20代の男性が836人、20代の女性が864人。


 直近1カ月以内に利用した支払い方法について調査したところ、「現金」が最も多く10代と20代の共に9割だったという。「電子マネー」は、10代で38.4%、20代で45.3%とのこと。「スマートフォン決済」は、10代で11.5%、20代で18.2%。20代では、約5割が「クレジットカード」を支払いに利用しているという。

 電子マネーの所持率は、10代で65.2%、20代で73.5%が電子マネーを所持しているという。2018年と17年に比べて、電子マネーの所持率は上がっているとのことだ。「電子マネーを利用している」と回答した人を対象に利用している電子マネーの種類を尋ねたところ、「交通系(電子マネー)」との回答が最も多く、10代で73.7%、20代で68.0%。10代で「nanaco」が24.9%、20代で「WAON」が34.0%で続いたという。