楽天グループの楽天ペイメントと東日本旅客鉄道(JR東日本)は6月5日、キャッシュレス化の推進に向けて連携すると発表した。2020年春をめどに、スマートフォン(スマホ)決済サービス「楽天ペイ」アプリで、交通系ICカード「Suica」の発行・チャージができるようにする。ユーザーにとっては、チャージ時に「楽天スーパーポイント」を貯めることができるようになる。

2020年春をめどに楽天ペイでSuicaの発行とチャージが可能になる

 対象は、「おサイフケータイ」に対応したAndroid端末。楽天ペイでSuicaを発行すれば、全国の鉄道約5000駅、バス約5万台のほか、交通系電子マネーとして約60万店舗での支払いで利用できる。なお、iOSについては今後対応を検討するという。