【なぐもんGO・13】 フードデリバリーサービス「LINEデリマ」が50%のポイント還元を実施していたので、試しに使ってみた。人生初のフードデリバリーだったが、想像していた以上に便利でおいしい。しかも、ポイント還元のおかげで店頭で買うよりも得する。店頭に自ら足を運んで苦労するよりも、デリバリーで運んでもらう方が恩恵が受けられるというのは、考えてみたら変な気分だが、キャンペーンはパーティーなどでも活用できそうだ。

「LINEデリマ」で人生初の出前を体験。
キャンペーンのおかげで買い物に行くよりも安かった

 「LINEデリマ」は、LINEが提供しているフードデリバリーサービス。全国約1万4000店舗が掲載されており、寿司やパスタ、ピザ、ファーストフードなど、さまざまなジャンルの出前が注文できる。LINEのアプリ内にある「LINEデリマ」の項目を選び、位置情報サービスか手入力で「お届け先」情報を登録すれば利用できるようになる。クーポンの発行や割引キャンペーンは頻繁に実施されており、手頃な価格で利用できる。今回は、対象店舗の中からバーガーキングをBCNまで運んでもらうように頼んだ。
 
さまざまなキャンペーンを頻繁に開催している
 
キャンペーンが適応される対象の店舗からバーガーキングを選んだ

 筆者が注文したのは、ワッパーとフレンチフライ(M)、ジンジャエール(M)、シーザーサラダ。送料300円を含めて、計1860円だった。一見、ファーストフード店の一人前の食事代としては割高だが、50%がポイントで還元されるので、実質930円。金額だけを見たら、ちょっと贅沢をしたくらい。いつもは100円ほどのハンバーガーしか食べていないので、自然と期待も高まる。
 
1860円のうち50%がポイントで戻ってくる

 また、2月20日現在、同じ商品を店舗で購入しようとすると、セット割引を利用しても1140円になる。LINEポイントの還元を考慮すると、出前の方が実質210円安く購入できた。買い物に行く必要もないので、なおさらお得だ。

 なお、出前を依頼するには、各店舗ごとに送料を除いた最低注文金額が設定されており、バーガーキングは1500円以上が条件になっている。

 メニューが決まったら、配達時間を指定。決済手段は、キャンペーンとは別にポイントが付与されるので、LINE Pay残高での支払いを選択した。注文内容を確認して決済すれば、あとは商品が届くのを待つだけだ。
 
注文の流れで決済できるので、あとは受け取るだけ

 指定した時間になると、配達員から電話が入った。連絡を取り合いながら、合流。届いた商品を互いに確認して、商品を持ち帰った。ワッパーやフライはほんのりと温かく、ジンジャエールの炭酸も抜けていない。美味しくいただき、筆者の初の出前体験は無事終了した。
 
商品は無事に届いた

買い出し係りから卒業できるか

 こんなに簡単に出前が利用できるなら、筆者はいつもの「買い出し係」から卒業できるかもしれない。もっとも、配達員から「受け取る係」に抜擢される可能性は残っているのだが。

 これから盛んになる花見にも使えると思って、一度、公園を届け先に登録しようとしてみたが、配達範囲外と表示された。今後、公園などにも配達できるようになれば、さらにユーザー層が広がるのではないだろうか。(BCN・南雲 亮平)